本文へスキップ

MST Alumni Associationは、トランスレーター、インタープリター、パラリーガル、セクレタリー等のプロフェッショナルが登録する人材バンクです。

AlumniニューズレターJob Opportunities

Alumniニューズレター 第37号 <<AIの思考システムとの共存を考える>>


○○○○○-------------------------------------------------------
バベル翻訳大学院(USA) Alumni News Letter 
第37号  2017年8月3日発行

このニューズレターは、バベル翻訳大学院(USA)のAlumni Serviceより、
院生・修了生の方々にお送りしております。

Alumni Associationのページをぜひご活用ください。

バベル翻訳大学院facebook

バベルのWEBマガジン「The Professional Translator」

発行:毎月7日、22日
 【ログインID:ご自身のメールアドレス】
 【パスワード:0000】
--------------------------------------------------------○○○○○

<<<目次>>>
【1】 TPT 第178号から 注目記事 [巻頭言]
【2】 TPT 第178号から 注目記事 [Alumni編集室から]
【3】 日本翻訳協会からのお知らせ
【4】2017年秋期学位授与式のお知らせ

============================================================
【1】 TPT 第178号から 注目記事 [巻頭言]
============================================================
AIの思考システムとの共存を考える
 BUPST バベル翻訳専門職大学院 学長 湯浅美代子

 日本は梅雨の最中ということですが、猛暑日が続いています。34度、35度と続いたかと思うと、
時には28度くらいまで下がったりして、日々の変化が大きいです。各地にお住いの皆さまですから、
それこそ、今は気温が0度です!などと言われる方もおいででしょう。21世紀に入って、世界の情報が
リアルタイムで知ることができる現代では、過去のように、自分のいるところの気候、季節感だけが
実感された時代と、ずいぶん変わってしまいました。そういうわけで、現代の時候の挨拶は、
「どんな時でも、どんな気候環境でも、どうぞお健やかにお過ごしください!!という感じになる
のでしょうか?
 
 ともあれ、暑さにも、寒さにもめげずにお元気でお過ごしのことと、お喜び申し上げます。
 
 日本語は季節の挨拶が豊富です。それだけ、季節、気候環境が変化に富み、豊かな地域で
あると言えます。地域によっては一年中大きな寒暖の変化が少ない地域が結構あります。
バベル翻訳専門職大学院の本部は、ハワイですから、乾季と雨季の違いがあるくらいで、夏と冬の
温度差は10度以内です。しかし、今の日本の東京の気温の差は、昨日が35度で、翌日は28度、
などというように寒暖の差が大きいですね!お陰で、体調を崩している方がずいぶん増えています。
 
 かくいう私も、昨年2016年の4月末から5月半ばにかけて体調を崩し、10日あまり高熱を出して、
寝込んでしまいました。ところが、実は驚くべき体験をしていたのです。4月14日の熊本地震が起きた日に、
とある治療のセミナーに参加していたのですが、そこで、会場の参加者をモデルに治療の実演という
ことになり、講師が会場内をぐるりと見回したのです。なぜか講師と目が合いました。確かに、その時、
これは、私が当たるのではないかしら?という思いが一瞬よぎりました!そうしたら、講師が私の前に
きて、「あなたです」というではありませんか。講師は「モデルになっていただく方はこの中で最も症状の
ひどい方にします」というので、まさか私だとは全然思ってもいませんでした。自覚症状は何もなかったの
ですから!

 そんなわけで、セミナー参加者数十名の注視の中、講師の指示でベッドにうつぶせに寝る羽目に
なり、数分の説明と治療を受けました。その治療というのは、両足首を軽く持ち、その後、腰の
あたりに数分軽く触れているだけというとても簡単なものです。講師は足首に触れて、どこが悪いかが
すぐにわかるのだそうです。これまでの熟練により、そのような観察力が得られたようですが、それは
講師が治療するというより、人間が本来持っている自己治癒力を活性化させるのだと言われて
いました。  ……

※続きはこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/kantou/

============================================================
【2】 TPT 第178号から 注目記事 [Alumni編集室から]
============================================================
日本人が自信を取り戻し、世界へ‘日本’を発信するとき!!
 米国翻訳専門職大学院(USA)副学長 堀田都茂樹

 最近の風潮を見ると、自信を失ったかに見える日本の行く末が不安になります。
 
 国を愛しているか、との若者への質問にYESと答える割合が先進国中の最低、PISAの
国際学力では、トップクラスに帰り咲きながら、そのやる気の無さは先進国のトップ、また、
留学して世界に雄飛しようとする若者の数は、韓国、中国本土、台湾にどんどん追い抜かれて
いる日本。
 
 そんな、やる気のない、覇気のない日本を挽回しようと考えているのは私だけではないでしょう。
 
 また、一方では、中国、韓国の中傷、プロパガンダに右往左往する日本。それぞれの国の
お国事情で格好な外敵、悪者とされて反撃できない、自虐的歴史観に犯された日本人。
 
 そんな時代に、正しい歴史認識の下で、日本の自信を取り戻す必要があるように思います。
 
 故 村山 節(みさお)さんの「 文明800年周期説」や、トインビーの歴史観をとり上げるまでも
なく、今、歴史は西欧合理主義から東洋の智へと大きな変換期を迎えています。
 
 東洋の中でも日本は、儒教、仏教、道教、禅、神道という思想哲学の集積地、たまり文化と
いわれる地域。全てに神を感じ取り、清く明るい志を持ち、見えないものを見、全ては自分のなかに
あると内省する日本人。
 
 まずは、この素晴らしい日本をただしく認識するところから、日本を世界に発信することができるの
でしょう。
 
 では、翻訳者として我々は何ができるのでしょうか。
 
 まずは、日本の正しい姿を伝える様々な書籍、情報を英語にして、日本の真の姿を世界に伝える、
そんなところから始まるのかもしれません。
 
 日本の姿を世界に伝える国家予算が他の先進国に比べて微々たるものであることに、驚かれる
方も多いと思います。
 
 バベルではこれまで、こうした関連書籍として、田口佳史さんの近刊『清く美しい流れ』、
『東洋からの経営発想』、浅井隆さんの『Human Destiny』, 田坂広志さんの
『目に見えない資本主義』等の書籍を英訳出版してきてはいますが、未だ、微々たる量です。
 
 2020年のオリンピック年を間近にひかえて、BABEL UNIVERSITYとしても、心機一転、日本の
ほんとうの姿を世界に伝える書籍を英訳し、世界に発信していきたいと考えています。

 
BABEL UNIVERSITYでは、こうした英語で発信するための翻訳講座、
日英翻訳出版入門講座、
http://www.babel-edu.jp/program/31101jebasic/
日英翻訳出版講座、
http://www.babel-edu.jp/program/31101jebasic/
Plain English講座をもってその人材を育ててきました。
http://www.babel-edu.jp/program/31011.html
 
 結びに、多摩大学大学院 教授、世界経済フォーラム(ダボス会議)
グローバル・アジェンダ・カウンシル メンバー、世界賢人会議ブダペスト・クラブ 日本代表の
田坂広志さんのバベル翻訳専門職大学院に寄せていただきましたことばをお読みください。
 
 『21世紀、この日本という国が世界に対して為すべき貢献は、何か。それは、決して
「経済的貢献」や「政治的貢献」だけではありません。何よりも求められているのは
「文化的貢献」であることを、我々は知るべきでしょう。
 
なぜなら、歴史的視野で見るならば、いま、世界全体の「知の潮流」は、西洋的な知の
パラダイムから東洋的な知のパラダイムへと、螺旋的発展による弁証法的回帰を遂げつつ
あるからです。特に、東洋の知のパラダイムの中でも、日本的精神は、高度に洗練された
禅の思想を始め、自然(じねん)の思想、縁(えにし)の思想など、世界が学ぶべき
深みを持ち、その成熟した日本文化は、これから世界に対して大きな影響を与えていくものと
なっていきます。
 
すなわち、21世紀は、日本が欧米の文化を輸入し、学ぶ時代から、欧米が日本の文化を
輸入し、学ぶ時代になっていきます。そうした時代に、日英・英日翻訳のプロフェッショナルの道を
歩まれる皆さんには、単なる「職業的責任」を超え、「歴史的使命」と呼ぶべき役割が与えられて
います。
 
特に、日英翻訳の世界は、いまだ未踏の荒野であり、あらゆる困難を超え、誰かがこの荒野を
切り拓いていかなければなりません。その困難は、単に「日本語を英語に訳す」という技術的な
困難ではなく、「日本的な精神や文化の神髄を世界に伝えるための新たな言語のスタイルを
生み出す」という困難になりません。一人の著者として、その格闘を続けながら願うのは、
皆さんの中から、そうした荒野に道を切り拓く「多くの同志」が生まれてくることです。それは、
困難に満ちた道でありながら、一人の人間が人生を賭するに値する、素晴らしい道であることを
信じています。本日が、皆さんにとって、その「輝ける道」への第一歩となることを祈りつつ。』

※全文はこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/alumni2/

============================================================
【3】日本翻訳協会からのお知らせ
============================================================
一般社団法人 日本翻訳協会  試験のご案内

====================================
☆★☆日本翻訳協会の認定校のバベル翻訳大学院USA 修了生の方は
    2017年9月実施の各試験を受験料\3,000にて受験頂けます!! ☆★☆
(一般受験料:\5,400から)

*試験のお申し込みの際には必ず、
バベル翻訳大学院(USA)の「修了年度と専攻」を受験申請書の
「備考」欄に記載して下さい。
====================================

<2017年9月2日実施>

●第36回JTA公認翻訳専門職資格試験
<英語部門(日英/英日)>
 1)翻訳文法技能試験 10:00〜11:30
 2)翻訳IT技能試験 (英・中共通) 12:30〜13:30
 3)翻訳マネジメント技能試験 (英・中共通) 13:45〜14:15
*1分野の受験料3,000円

<2017年9月9日実施>

1.「JTA公認 出版翻訳能力検定試験」
1) 第14回 一般教養書(ビジネス関連)翻訳能力検定試験 
2) 第14回 一般教養書(サイエンス関連)翻訳能力検定試験
◆実施日:2017年9月9日(土)10:00〜13:00(日本時間)
◆申込み締切:2017年9月5日(火)(日本時間)
●試験の詳細・お申込みはこちら↓
http://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html

2.「JTA公認 ビジネス翻訳能力検定試験」 
1) 第21回 IR・金融翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第25回リーガル翻訳能力検定試験(英日・日英)
◆実施日:2017年9月9日(土)午前10:00〜12:00(日本時間)
◆申込み締切:2017年9月5日(火)(日本時間) 
●試験の詳細・お申込みはこちらまで↓
http://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html

============================================================
【4】2017年秋期学位授与式のお知らせ
============================================================
2017年の秋期学位授与式がホノルルにて、以下の日程で行なわれます。

 2017年11月17日(金)(現地時間)

場所や時間等、詳細については決まり次第、教務よりお知らせいたします。
修了生・現役生のみなさま、積極的にご出席ください。現地にお越しになれない
方でも、Zoomによるご参加も可能です。

============================================================

2017年8月3日発行 バベル翻訳大学院(USA) Alumni Service

このご案内はBABEL UNIVERSITYから配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:Babel University Professional School of Translation
Home Page:http://www.babel.edu
無断での転載・複写を禁止します。
Copyright(c) 2017 Babel Corporation All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当大学院からのご案内の配信停止をご希望の方は、下記フォームをご利用ください。
https://www.babel.co.jp/form/stp2.html
※掲載されている記事の無断複写・転載を禁止します。



バナースペース

MSTプロフェッショナルバンク

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18ルジェンテ吉祥寺1F

TEL 0422-45-0139
FAX 0422-40-4877