翻訳学校はバベル インターネット通信講座
翻訳文法 表現篇
【学習内容】 翻訳表現ルールを学ぶことにより、正確な読解から適切な翻訳、さらにはジャンルによる文体の訳し分けの技術を身につける。
第1回 日本語の特性を知る
訳文を構成する上で特に問題となりそうな点
第2回 不要な主語・人称代名詞を切る
(1) 一人称の場合 (2)三人称の場合
第3回 語り・視点をとらえる
(1) 一人称の場合 (2)三人称の場合
第4回 時制を読む・時制を訳す
(1) 過去時制 (2) 完了時制 (3) 進行形
第5回 動きを訳す
(1)現在分詞 (2)接続詞・関係代名詞 ほか
第6回 話法を考える
(1)間接話法と直接話法 (2)描出話法
第7回 名詞を訳し分ける
(1)普通名詞とコノテーション ほか
第8回 主語・述語間の距離
(1)S+V+O構文からS+O+V構文へ ほか
第9回 指示代名詞を工夫する
(1)指示代名詞の省略 (2)指示代名詞の位置
第10回 語順と修飾のルール
(1)修飾の基本原則 (2)関係詞構文
第11回 言葉のレベルをいかす
(1)硬い言葉・軟らかい言葉 ほか
第12回 ジャンルと文体
(1)ジャンルと読者の期待値 ほか
第13回 文末でリズムをつくる
原文のリズムを、訳文の日本語のリズムに「翻訳」
第14回 会話文翻訳上達法
(1)年齢 (2)性差 (3)会話文のつながり
第15回 文を加工する (1)文を分ける・文をつなぐ (2)簡潔にまとめる ほか
第16回 推敲 : 日本語を整える
(1)句読点は息継ぎと考える ほか
【受講対象】 翻訳表現の基礎をマスターしたい方
初級レベル
【学習方法】 音声講義を聞き演習課題に取り組む。
添削課題を提出。
【受講期間】 開始から12ヶ月(期間延長可)
【添削回数】 16回
【認定単位】 2単位
【使用教材】 「翻訳表現ルール」
「演習課題」
「添削課題」
【受講料金】 受講料 110,000円(税別)
入学金 20,000円(税別)※初回のみ
【支払方法】 「銀行振込」または「クレジットカード」
(カードはVISA・DC・MASTER)
  
無料体験版では、第1回講義に限り、教材の閲覧や音声講義の聴講ができます。
音声講義の再生には、RealPlayer(無料)のインストールが必要です。ダウンロードはこちら

Copyright(C) Babel Corporation All Rights Reserved