>>English

シラバス
講座名称 訴訟文書翻訳(英日・日英)講座
コンピテンス区分 エキスパート
年次 1年次2年次共通
専攻/単位区分 第4専攻/必修
講義回数 16回
単位数 2単位
プロフェッサー 石田 佳治

<プロフェッサー紹介>
神戸大学法学部卒業(1956)。ワシントン州立大学ロースクール・サマーセッション(1977)。ウィスコンシン州立大学ロースクール・サマープログラム(1989)。サンタクララ大学ロースクール・サマープログラム(1994)。商社法務部部長、スイス系外資企業(ロシュ、ジボダン・ルール)法務部長、常勤監査役を経てTCL研究所代表。一貫して企業法務畑を歩んだ国際法務専門職で、内外のロイヤーに知己が多い。1990年代から、バベル翻訳通信教育にかかわる。バベル翻訳大学院設立時よりディーン・プロフェッサー。日本翻訳協会理事副会長。著書に「リーガルドラフティング完全マニュアル」「欧米ビジネスロー最前線」「シネマdeロー」などがある。
インストラクター 五月女穰

<インストラクター紹介>
早稲田大学法学部1962年卒業。総合商社日綿実業(現双日)入社。エレクトロニクス製品の輸出入業務、アメリカ合衆国駐在(ロスアンゼルス及びシカゴ)エレクトロニクス及び機械を担当。マレーシア ベナンのIriichi(Malaysia) Sdn.Bld支配人、ニチメンテレコム(取締役)、ITテレコム監査役等を歴任(1992-2002)。バベルユニバーシティにてインターナショナルパラリーガルプログラムを受講。(2002-2003)。英文・和文法律書類のフリーランス・トランスレーター。バベル翻訳大学院にて2004年よりインストラクターとして遠隔教育にかかわる。
講座概要 ローファームで作成される英文訴訟文書の読解・翻訳のための講座
講座の目的
(コースオブジェクティブ)
本講座の目的は、基本教材及び演習教材を使用して、各種(全49種類)の英文及び日本文の訴訟文書につきソース言語を読解しターゲット言語にこれを転換しターゲット言語で表現する能力を学生に得さしめることにある。
講座の学習成果
(ラーニングアウトカム) 
本講座を修了した学生は、英文のあらゆるタイプの訴訟文書を日本文に又は日本文の訴訟文書を英文に翻訳することが出来るようになる。 
講義の進行システム 1. 基本教材を読み英文読解・翻訳技法の知識を得る。
2. 指示書にしたがって演習教材で英文読解・翻訳の訓練をし、課題作業を行い提出する。
3. プロフェッサー音声講義、Q&A等でインタラクティブな授業を行う。
予定学習時間 各講の指示書・教材・音声講義受講1.5時間。課題作業4時間以上。全16講で88時間以上。
配布物(テキスト他) 基本教材
  1. 「法律文章日本語表現ルールブック」
  2. 「バベル法律翻訳英文法(英日)−英日契約書・法律翻訳ルールブック@A」
  3. 「バベル法律翻訳英文法(日英)−日英契約書・法律翻訳ルールブック@A」
演習教材
全47種の書式
訴状(Complaint)から著作権判例まで平均して各講10頁の演習教材。
* 本コースのためのプロフェッサーのオリジナル執筆。バベル翻訳大学院著作権保有。
コースアウトライン 16講の講義及び翻訳作業を行う。
受講生は、受講指示書(学習の手引)により、(1)本講の目的、(2)教材の説明、(3)学習のしかたの指示を受け、プロフェッサーの音声講義を受ける。
受講生は(1)基本教材を読んで翻訳技法の知識を得(2)演習教材でその技法を訓練する。
第1講 日本語の法律的文章表現と英文の法律文の読解 --- 演習教材・訴状Complaint
第2講 日本語の訴訟文法律文のマスターと英文法の読解 --- 演習教材・各種申立書(サモンズ、聴聞通知、法的論点書、宣誓供述書、裁判官命令)
第3講 英文訴訟文書の読解と日本語法律文章の表現 --- 演習教材・プレトライアル段階の準備文書(デポジションとインターロゲイトリー)
第4講 英文訴訟文書の読解と日本語法律文の表現 --- 演習教材・被告答弁書等(却下申立、答弁及び反訴状、答弁書、妨訴抗弁、第三者引込)
第5講 英文訴訟文書の読解と日本語法律文書の作成 --- 演習教材・刑事関係の司法関係文書(被害者の供述書、逮捕状」、大陪審起訴状)
第6講 英文訴訟文書の読解と日本語法律文章の表現 --- 演習教材・刑事裁判の文書(有罪答弁取引、拘禁刑判決、死刑判決、刑の言渡し)
第7講 英文訴訟文書の読解と日本語法律文章の作成 --- 演習教材・家事事件の法律文書(離婚申立書、慰謝料請求、養子縁組 他)
第8講 英文訴訟文書の読解と日本語法律文章の表現 --- 演習教材・遺産相続法律文書(遺言検認申立、遺産管理申立)
第9講 英文訴訟文書の読解と日本語訳文の作成 --- 演習教材・ハワイ不動産事件(訴状)
第10講 英文訴訟文書の読解と日本語訳文の作成 --- 演習教材・ハワイ不動産事件(被告答弁書)
第11講 英文訴訟文書の読解と日本語訳文の作成 --- 演習教材・ハワイ不動産事件(第三者引込訴訟)
第12講 英文訴訟文書の読解と日本語訳文の作成 --- 演習教材・ハワイ不動産事件(証言録取書と略式判決申立)
第13講 英文判例の読解と翻訳ー演習教材・米国ロ --- スクール判例(ペット飼育者責任とタバコ訴訟)
第14講 英文判例の読解と翻訳ー演習教材・米国ロ --- スクール判例(教育ローン事件と医薬品広告事件)
第15講 日本文判決例の英文翻訳 --- 演習教材・国籍を異する夫婦(日本フィリピン)の離婚判例
第16講 日本文判決例の英文翻訳 --- 演習教材・コンピュータープログラムの著作権判例
修了要件 1. 全課題提出
2. 最終試験の評価がB以上
評価 得点
A 85〜100
B 70〜84
C 60〜69
D 50〜59
F 49以下
各講ごとの提出物は、評価シート(評価点数及び評価コメント)と添削及び解説を付してお返しします。

Copyright©2012 Babel Corporation. All Rights Reserved
Last Revised in January 2016