>>English

シラバス
講座名称 アメリカ担保・保証法
講座の区分 アメリカ法科目 (カルチュラル・コンピテンス)
単位数 1
講義回数 8回
プロフェッサー 宮本啓之

<プロフェッサー紹介>
立教大学大学院法学研究科卒業(法学修士)。米フォーダムユニバーシティ・ロースクールLLMプログラム修了。伊藤忠商事、GE(AIG)エジソン生命、シティファイナンシャル、GEフリートサービス等の各社において一貫して法務を担当。2010年よりING生命保険(日本法人)にて執行役員法務部長。バベルユニバーシティ、明治学院大学等で、企業法務に関する講師。著書に「図解法令遵守チェックマニュアル」「リスク管理と契約実務」(以上第一法規)「実践・英文契約書の読み方・作り方」(以上共著)(中央経済社)などがる。遠隔教育については、バベル翻訳大学院において2005年から関与。
インストラクター  榎本晴行

<インストラクター紹介>
東京大学法学部卒業(1971)。米国オブロン法律事務所、英国マッケンナ法律事務所にて法律実務教育を受ける。(1983-1985)。神戸製鋼にて重機部門国際業務を担当(1973-1989)。日本ロシュ(株)にて法務部長(1989-2002)。グラクソスミスクライン(株)(日本)にて法務部長(2002-2007)。バベル翻訳大学院にてリーガル翻訳科目のインストラクター(2007-現在)。 
講義概要 アメリカの担保、保障法を日本語で講義する
講義の目的
(コースオブジェクティブ)
本講座の目的は、学生にアメリカ担保・保証法についての一般知識を得さしめることにある。
講座の学習成果
(ラーニングアウトカム) 
本講座を修了した学生は、アメリカ担保・保証法に関する一般知識を英日両語で得ることができる。 
プレリクァイアメント 日本法科目
講義の進行システム (1)基本教材を学習し音声講義を聴く
(2)受講指示書にしたがい課題作業を提出する
(3)プロフェッサー音声講義、Q&A、電子掲示板等でインタラクティブな講義を行う
受講期間 標準  2ヶ月/最短  1ヶ月/最長在籍  4ヶ月
予定学習時間 各講の指示書・教材・音声講義1.5時間
学習課題作業2.5時間以上
全8講で 32時間以上
配布物(テキスト他) アメリカの担保、保証法(バベルオリジナルテキスト)
* 本コースのためのオリジナル執筆。バベル翻訳大学院著作権保有。
コースアウトライン
次頁の通り8講の講義を行う
受講生は受講指示書により、(1)本講の目的 (2)教材の説明 (3)学習のすすめ方の指示を受ける
受講生は (1)テキストを読んで講義内容の知識を得 (2)プロフェッサーの音声講義を受けて理解を深め (3)課題により学習を確認して課題回答を提出する


 講番号 講の標題 履修内容の概要
第1講 担保・保証の概説 担保権
保証
第2講 モーゲージ・譲渡抵当 結論、モーゲージ代替物、起訴となる債務:非担保債権、債務とモーゲージの解除
第3講 モーゲージと融資の実務1 不動産取引の流れとモーゲージの位置づけ、ローンとモーゲージのスキーム、モーゲージローンの各種と契約条項
第4講 モーゲージと融資の実務2 公的機関のローン−その機関としくみ、民間金融機関のモーゲージローン、不動産モーゲージローンのセキュリティゼーション、不動産取引にかかる税金、不動産モーゲージのフォークロジュア
第5講 動産担保取引1 動産担保の大要、統一商法典の担保対象物と担保取引の流れ
第6講 動産担保取引2 担保契約、価値対物及び担保権の設定、第三者対抗要件としてのパーフェクションと担保の優先順位
第7講 リーエン 広義のリーエンと狭義のリーエン、判決リーエンと執行リーエン、コモンローリーエン、等
第8講 保証と保証関係 概説、保証人の権理、保証人の抗弁
評価方法/基準 ■毎回の提出課題により評価する

●課題提出回数 --- 8回
●提出期間 --- 各回の講義を受講後、それぞれ2週間以内

■評価方法 --- 提出された課題を5段階評価
評価 得点
A 85〜100
B 70〜84
C 60〜69
D 50〜59
F 49以下
各講の提出物は、評価シート(評価点数及評価コメント)と添削及び解説を付してお返しします。

●修了基準 --- B以上

Copyright©2006 Babel Corporation. All Rights Reserved
Revised in November 2012.