フランシーンの奇跡 (ミラクル三部作)

Francine's Miracle

【プレゼンテーションデータ】

「ジャッキーの奇跡」に続く二作目だがミラクル3部作の第1部と位置づけられる「フランシーンの奇跡」。物語は1920年代を舞台に展開される。困難を乗り越えて欲しいものを手に入れる処世術が、主人公フランシーン・サリバンの物語を通して伝えられる。

フランシーンは、アメリカン・ドリームを求めて家族とともにアメリカに移住してきたばかりのアイルランド人の少女。家族に虐待を受け、貧困や不幸な出来事にも直面しながら、苦労の多い子供時代を過ごす。

しかし、あるとき運命の出会いがあり、フランシーンはどんな夢でも叶えられるという人生の秘策を伝授される。ミラクル3部作のテーマである、「引き寄せ」の法則で、どんな苦難に陥っているときでも必ず成功する、というメッセージが本書にもふんだんに盛り込まれている。それはヘンリー・フォードの名言を借りて言えばこういうことだ。「自分が何かをできる、あるいはできないと思ったならば、それはどちらも正しい。なぜならば自分の意識が物事を可能にも不可能にもするからだ」

実りある人生を送るために、ぜひとも読みたい一冊である。

 
タイトル: フランシーンの奇跡 (ミラクル三部作)

著者: エメカ・イウェノフ

出版社名: ホープ・ポイント・プレス

国名: アメリカ(合衆国)

言語: 英語

ISBN/ISSN: 978-0985532130

刊行年: 2013

ページ数: 162

トピック: 人文・思想

購入先URL: こちら

翻訳書の予定出版形態: Amazon POD

syno

 

【著者のプロフィール】エメカ・イウェノフ

20140529144456_1

著者のエメカ・イウェノフはアメリカ、オハイオ州クリーブランドを拠点に活動する若く意欲的な作家。クヤホガ・コミュニティ・カレッジからクリーブランド州立大学に転入して会計学を修めた後、起業に夢中になり、個人でベンチャー事業を多数行っていたが、ついに作家という天職をみつけた。

エメカは、成功への道を開く方法、心の在り方、そして引き寄せの法則(Law of Attraction)についての本からひらめきを受け、3冊から成るシリーズ本を書こうと思い立った。それがこの「ミラクル3部作」である。このシリーズほど、引き寄せの法則についてわかりやすく触れている本はまだあまりないのではと著者は感じている。そしてなぜ、どのように引き寄せの法則という現象が働くのかという科学的論理に基づいて、登場人物が形作られている。

実在する人物も登場人物としたこの本は、著者が毎日の生活で彼らを手本にして実践し続けてきたことがらが基盤になっているといえる。それは、人生のどんな分野においても、成功を収めようとする人ならだれにでも必要な基本的な原理である。この本を読んだ誰もがここで語られている方法を実践し、常に良い方向に変わっていき、読者本人のみでなくまわりにいる人の人生も豊かになるよう、著者は心から願っている。

 

【ワークショップ詳細
スクーリング:スケジュールは調整中です
監訳者:パリジェン聖絵

 

kadai

オーディション提出締切:20日
参加申込締切:25日
募集中(あと3名)

oubo