翻訳学校はバベル
アメリカ法30科目・日本法15科目が易しく学べる。
―アメリカ法30科目がやさしく学べる―

 こんな方にお奨めします。
  ★ 渉外弁護士
  ★ 米国ロースクール留学を目指す方
  ★ 契約交渉担当者
  ★ 国際法務担当者
  ★ パラリーガル
  ★ リーガル翻訳者を目指す方

 アメリカ法30科目の特徴
  ★ 法曹のベテランが講師
  ★ 平易なテキスト解説
  ★ 講師の音声講義つき
  ★ キーワードは英語・日本語の併記

ロースクール授業風景

アメリカ合衆国憲法
アメリカ会社法
アメリカ・パートナーシップ法
アメリカ代理法
アメリカ刑法
アメリカ刑事訴訟手続
アメリカ不法行為法
アメリカ契約法
アメリカ動産及び動産取引法
アメリカ担保保証法
アメリカ債権回収法
アメリカ銀行・銀行取引法
アメリカ製造物責任法※
アメリカ信託法※
アメリカ労働法※

アメリカ保険法
アメリカ相続法
アメリカ家族法     
アメリカ破産法
アメリカ知的財産法
アメリカ不動産法
アメリカ税法
アメリカ民事訴訟手続
アメリカ証拠法
アメリカ独占禁止法   
アメリカ流通証券法
アメリカ証券取引法
アメリカ行政制度及び行政法※
アメリカ移民法※
アメリカ司法制度

※のついた講座は音声講義がありません。

 書籍● 受講料(1科目あたり)

   指導あり:受講料 55,000円(税別) ※提出課題8回
   指導なし:受講料 35,000円(税別) ※Web教材の閲覧のみ
  
申込
「アメリカ会社法」の第一講が体験受講できます。

アメリカ法体験版はこちら

受講生の声(千里 歩さん)  「アメリカ司法制度」講座  

  〜国際取引業務に携わる方、翻訳者を目指す方に必要不可欠!〜

  私はリーガル翻訳者を目指しており、アメリカ法の基礎知識を身につけたいと思い、本講座を受講しました。
日本とアメリカの司法制度の大きな違いである
(1)連邦政府と州のそれぞれに司法、立法、行政の制度があること
(2)アメリカ法の背景にあるコモンローの要素
の2点を学べる内容になっているため、アメリカの司法制度の特徴を理解することができ、個別法の学習がスムーズになりました。

 教材としては、テキスト、音声および課題が用意されています。
「テキストを目で読む+同時に同じ内容を耳で聞く」ことで、より記憶に定着すると感じたため、とても満足しました。 また、各講学習後は、課題を提出し講師の方による添削結果を確認することで、自分の理解度をチェックできるため、毎回の課題提出が楽しみでした。
 講師の方は、実際の法務に携わってこられた方のため、法的な知識および経験が豊富で、実務に即した添削をして頂き、とてもうれしかったです。また添削結果は、課題提出後1〜2日と短期間で送付頂けたため、学習ペースを維持することができました。

 リーガル翻訳者を目指す方、また、国際取引を行う方にとって、アメリカの司法制度およびコモンローの知識を持っておくことは不可欠だと思います。 例えば、英文の取引基本契約書に原則として記載されている約因は、コモンロー上の契約成立要件を満たし法的拘束力をもたせることを目的としていることなどを理解していると、リーガル翻訳や国際取引に有益だと思います。
 そして、これらの事柄を学習できる本講座は、アメリカ法を学ぶ最初のステップとして、最適な科目だと思います。
「指導つき」と「指導なし」について


講座には、講義ごとに提出課題があり、受講者から提出された答案には、個別の添削指導を行っております。
「指導つき」の場合、この個別の添削指導や指導講師への質疑応答が含まれます。
「指導なし」の場合、課題の提出や質問はできません。音声講義の聴講と教材(PDFデータ)の入手のみとなります。







BABEL UNIVERSITY
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18 1F

 

 
BABEL UNIVERSITY 科目履修コース一覧はこちら
バベル翻訳専門職大学院はこちら
Copyright(C) Babel Corporation All Rights Reserved