HOME > 古典翻訳・個人出版コース

古典翻訳・個人出版コース 
~時を超えて読み継がれる古典を、あなたの名前で個人翻訳・出版してみませんか



『シャーロック・ホームズ』や『グレート・ギャツビー』、『不思議の国のアリス』など、あの名作古典を自分の言葉で翻訳し、個人出版してみませんか? 

<バベル古典翻訳・個人出版コース>は、6万点以上の古典ライブラリー(※1)から作品をお選びいただき、翻訳指導からAmazon Kindle(電子書籍)とAmazonペーパーバック(製本)での出版までサポートします。

以下のような方におススメします。

 ◆ 訳者になれるチャンス! お名前が掲載された訳書を出版できます。
 ◆ 著作権フリーなので低コストで出版できます。

 ◆ 翻訳のプロによる指導、機械翻訳によるサポート、さらに既訳がある作品を選んで参考にすることも可能なので、翻訳経験のない方にも安心して挑戦していただけます。
 

※1:無料電子書籍ライブラリー「Project Gutenberg」。アメリカ著作権法下で著作権の切れた作品が電子化されている。会員登録、利用料無料。Kindle、PDF、テキスト形式などでダウンロード可。

コースの進め方

Web上のプラットフォーム(Moodle)を使用し、指導講師が訳文指導を行います。
誤訳の指摘やより良い訳出へのアドバイス、質問への回答などをMoodleのweb掲示板やzoomを使用したミーティングで進めていきます。
翻訳期間は、4~6カ月程度で、zoomのミーティングを月に1回程度交えます。

完成した作品は、バベルプレスの編集を経て、Amazon Kindle(電子書籍)とAmazonペーパーバック(製本)で出版されます。



古典ナビ(今月のおすすめ作品)

何を選んだらいいかわからない! という方のためにバベルが選んだ古典をご紹介します。もちろん、最終的にお選びいただくのは、このコーナーに掲載された作品に限りません。あなただけの一冊に、ぜひ出会ってください。

【今月のおすすめ作品】タイトルをクリックしてください。

<フィクション作品>
The Adventures of Sherlock Holmes」 Conan Doyle  234ページ
"A Scandal in Bohemia"をはじめとするコナン・ドイルの短編集。

Alice's Adventures in Wonderland」 Lewis Carroll  106ページ
Aliceの夢物語を描いたルイス・キャロルの児童文学。

<ノンフィクション作品>
Dog of all nationsW.E.Mason 144ページ
世界の犬の品種について、写真、体高、体重、特徴が記されている。現在との違いを見るのも面白い。

In Pastures Green
Peter McArthur 214ページ
カナダの田舎暮らしについて書かれた短いエッセイ集。薪割り、ベリー摘み、樹液を煮詰めて砂糖を作る様子、凍結した道でのそり滑りなどが読みやすく好感のもてるスタイルで綴られている。



参加方法


(1)訳書を選ぶ
Project Gutenberg」から作品を選んでください。
上記、バベルおすすめ作品でも、それ以外でももちろんOKです。
有名作品を自分の言葉で訳すのも、まだ日本語訳が出ていない作品を発掘するのも自由です。


(2)翻訳力診断
よりよい翻訳指導を行うために、レベルチェック(翻訳力診断)を行います。
希望作品に応じて課題文をお送りしますので、希望作品を応募フォームよりお送りください。

後日、評価結果をご通知します。


(3)お見積もり
原書のページ数や翻訳の難易度、翻訳力診断の結果によって参加費をお見積りします。
概ね40~60万円です。

(4)翻訳スケジュール作成
・翻訳作業期間は4ヶ月~12か月間です(分量/難易度により異なります)。
・原則、月1回のペースでzoomミーティングを行います。それに合わせて4ヶ月~12か月間の翻訳スケジュールをご提示します。

(5)参加申し込み
ご提示した参加費や翻訳スケジュールをご確認の上、参加希望の場合は、

受講申込フォームをご利用ください。  

講座名欄には、「古典翻訳・個人出版コース(作品名)」と入力してください。


教材

原書のPDFまたはテキストデータを配布します。

その他

・バベルプレスで図書コードを取得し、KindleおよびKindleペーパーバックで出版します。
・「訳者」としてお名前が掲載されます(ペンネーム可)。印税はありません。
・「翻訳協力者」として指導講師の名前が奥付に記載されます。

・「古典翻訳・個人出版コース」は、自分で翻訳した本を出版したいという夢をかなえるための企画です。従って、バベルでは誤訳、拙訳のチェック等を中心に指導を行っており、翻訳文は訳者の意向を尊重したものとします。